リフォームローン金利って今は安い?

多くの人がおすすめするリフォームローン

体験談が掲載されたランキングサイトを利用するのが簡単です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますのでネットの情報だけに頼ってしまうのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してからピッタリのリフォームローンを探しましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となる工事内容についてですがいくつかの条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超える場合に適用されます。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

しかも減税は自己申告制になっているので、確定申告を行わなければ適用されません。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローン【フラット35】リノベが販売されています。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHPで試算できます。

検索サイトで「リフォーム」「シミュレーション」と入力すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報を登録することはないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は素人では難しいので便利な機能をありがたく使っていきましょう!借り入れたリフォームローンが余った場合、金融機関に返金しなければいけないなんてことはあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

リフォームローンに落ちた、審査に通らなかったという人は、まずはその原因をきちんと分析する必要があります。

落ちてしまった要因として借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数や雇用形態(正社員・契約社員など)に問題があったのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も融資には重要な要因となります。

これらの残債をきちんと整理することが審査に受かる近道となります。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保の有無によっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利のタイプには2種類あって固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるか否かによっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプは2種類に分けられ変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

金利に関しましては短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

オンラインで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるので一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

リフォーム費用が高額になりそうであれば有担保型ローンが低金利でおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を抑えることができます。

楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新たな商品である【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

リフォームローンの頭金は施工業者によって違うようです。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので少なくとも2
3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

リフォームローン金利比較を行う際は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずともネットで完結できるローンが増えています。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

そのため無担型ローンが適しているという場合は規模が小さいリフォームになります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く比較的審査に通りやすいようです。