光インターネットの価格比較のコツ

光インターネットの 価格比較の段階で、月々の利用料金が高いと言うイメージをもつ人も少なくありませんが、今やそのイメージも過去の話で、急速に普及した光回線とインターネットプロバイダーの価格競争によって、トータルではADSLよりも安くなっているのが現状です。

そのため、光インターネットの価格比較を検討している人にとっては加入や乗り換えがしやすい状況となっており、各社が行なうキャンペーンの期間中に申し込めば、さまざまな特典やサービスを受けることができます。

しかし、光インターネットのサービスを提供する会社が多く、 価格比較の際にどの会社が最も適しているか迷っている人もいることから、光インターネットの 価格比較の検討段階ではおすすめの商品を選ぶことが重要で、それらの中でもBフレッツが選べるプロバイダーパックに高い人気があります。

このパックは、NTTが提供するBフレッツ回線の契約とインターネットサービスプロバイダーの契約をセットにしたサービスで、申し込みも1回で済ませることができることから、月々の支払いも一括して行なえると言った利便性が生じ、回線工事などが完了した時点で光インターネットをすぐに始めることができます。

インターネットサービスプロバイダーとの契約においても、10社から15社にも及ぶプロバイダーの中から自分の好きな会社を選べるだけでなく、そのプロバイダーがユーザーに対して行なうサポートも責任をもって行ないます。

また、Bフレッツの回線業者とプロバイダーの両社で発生する月々の利用料金に関しても一括払いにすることで割引が適用され、プロバイダ特典も付加されます。

光ファイバーを利用した回線は高速度・高品質の通信が可能となるほか、この回線を併用してIP電話も使用可能となるため、ADSLでは得られないメリットがあります。

さらに、この回線の特長を活かして固定電話の契約をひかり電話に切り替えることによって基本料金を1/3以下に抑えることができます。

光インターネットの価格比較で、このプロバイダーパックを検討する際は、選ぶプロバイダーによって特典や料金に異なりがある点に注意が必要となりますが、時間をかけて検討すれば、その人に相応しいプロバイダーパックが必ず見つかります。
==========

“一戸建ての場合、光ファイバーケーブルを家の中に直接引き込む工事を行います。
光ファイバーケーブルは、電信柱から自宅に引き込み、自宅のエアコン用通気口や電話線の引き込み口を利用します。そのため、新たに穴を開けると言った面倒な工事は必要なく、工事自体は簡単に終了します。後は、引き込んだ線を光ルーターに接続し、パソコンと繋ぐだけで利用出来るようになります。一戸建てタイプの月額利用料金は、やや割高に設定されています。

引用元: こちら

一戸建てとマンションとでは料金が違うものですがこちらに料金表やプロバイダ別に比較したものがあったので貼っておきます。

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop