光インターネットとは?

光インターネットとは、光ファイバーブロードバンドやFTTH、光ブロードバンドなどと言った呼び方があり、電話回線を光ファイバーに変えて利用する、高いスペックと超高速通信が好評のインターネットを意味します。

日本の光インターネットにおいては、NTT東日本や西日本が提供するBフレッツなどがこれに属し、速度はいずれも最大100Mbpsをターゲットにした、ベストエフォート型が基本となっています。

光インターネットとは、光ファイバーなどのブロードバンド向けコンテンツが充実していることでも知られており、大容量のデータ送受信において光ファイバーの真の実力を発揮します。

光ファイバーを使用したブロードバンドの普及に加速を見せる今日のインターネット社会において、インターネット上のサービスではブロードバンドを標準とするサービスが一般化していることから、電話回線などを使用した初期の通信方法では、速度が非常に遅く、インターネットを楽しむ事が限界に達してしまいます。

光インターネットとは、超高速通信と呼ばれる今日のインターネットの通信方法にマッチした環境を満たすもので、ファイルサイズが大きなゲームや画像ファイル、音楽データやソフトウェアなどのダウンロードにもストレスを与えることなく、スムーズに行なうことができるのです。

光インターネットとは、高精度の光ファイバーを使用することによって常に安定した通信が可能となるもので、ADSLと比較してその違いが鮮明に理解できることから、オンラインゲームやFXなどのオンライントレードなどで利用するユーザーが増加の一途をたどっており、ブロードバンドの普及によって新たに誕生したさまざまなサービスがあることでも知られています。

光インターネットとは、インターネットを快適に利用するために不可欠となるツールであると定義づけても過言ではありませんが、このサービスを提供する回線サービスには事業者によって異なりを見せ、NTTの光ファイバーや有線放送のケーブルを利用したサービス、電力会社が提供する送電線を利用したサービスなどがあります。

光インターネットのサービスを提供する回線事業者は、これら3種類のサービスの中のいずれかを採用しており、インターネットサービスプロバイダーとの協賛で、NTTや電力会社から光ファイバー回線を借り、プロバイダー料金込みでブロードバンドサービスを展開しているところもあります。

また、モバイル事業も運営している電話会社が提供する光インターネットサービスでは、NTTの光ファイバー網を利用してサービスを提供していますが、各個人への引き込み工事はその電話会社が行なうことから、他のプロバイダーへの乗り換えができないシステムを導入しています。

1 4 5 6 7 8 9 10

▲Pagetop