楽天銀行フラット35で少しでも金利を下げたい

住宅を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクがイヤで楽天銀行のフラット35で組んだ人もいると思います。

できるなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実は楽天銀行のフラット35から別の楽天銀行のフラット35へのローン変更ができるんです。

その際、メリットが享受できるのは金利差が0.3%以上となっています。

また、変動型ローンへ変更することもできます。

行うかどうかは各銀行機関のホームページにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的に考えて検討するようにしてください。

融資に際して、再び審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

住宅ローンについて調べていると楽天銀行のフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を感じている人がいるようです。

楽天銀行のフラット35とは銀行機関と住宅金融支援機構がコラボレーションした住宅ローンのことです。

民間の銀行では、長期にわたって金利を固定しての全期間固定金利では難しいとされています。

その資金調達の難しさやリスクを住宅金融支援機構が取っています。

特徴としては全期間固定金利で繰り上げ返済は100万円から可能、特徴としては、金利が全期間固定で繰り上げ返済は100万円から可能、デメリットとしては、原則として物件価格の9割までの融資になることや審査は銀行と住宅金融支援機構の両方が行うことなどです。

固定金利で選ぶ人の多い楽天銀行のフラット35ですが、申し込む際に金利以外にも確認したい内容があります。

それは事務取扱手数料や登記関係でかかる諸費用です。

それ以外にも、繰り上げ返済手数料が手数料が発生するローンもあります。

事務手数料の目安は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

もし金利を見直すために借り換えをする場合では、新しくローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用がかかります。

金利を下げて減る総支払額と借り換えにかかる諸費用を諸費用を参照して借り換えを行わない人もいます。

長期間の高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談するものでもなく、どう決めたら良いかわからないという人も多いはずです。

専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないという場合もあります。

全期間固定金利でおなじみの楽天銀行のフラット35について聞きたい場合は各銀行窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に行くのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約が必要なようなのでwebサイトで会場などの情報を確認しましょう。

利用する機会の少ない住宅ローンですがあまり利用しないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここでは楽天銀行のフラット35を例にして契約をについて解説します。

新築で立てる場合では、借り入れの申し込みや設計審査を申し込み、物件が基準に達しているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間程度でわかります。

結果が判明したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請をしていただく必要があります。

竣工現場審査に通ったら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きが行えます。

基本的にどのローンでも変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がすごくお得に見えます。

金利変動で逆に支払額が高くなるリスクもあります。

そんな可能性のことを心配したくないという人も多いと思います。

そういった可能性を排除したい方は、楽天銀行のフラット35などの楽天銀行のフラット35を利用することをお勧めします。

その特徴としては完済までの期間ずっと支払額が変わらないように設定できます。

そのため、計画も立てやすいですよね。

返済額に反映されないことです。

世の中にはいろいろな住宅ローンがあります。

銀行機関独自のローン商品や楽天銀行のフラット35のようにどこの銀行で借りても基本的に同じ条件になるローンなど種類がたくさんあってどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった内容を比較してローンを決めているのでしょうか。

特に比較されているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行オリジナルのローンになるので繰上げ返済手数料や保証料などが銀行ごとに設定されています。

住宅ローンを探す際の判断基準の参考にしてください。

住宅の購入を考えたときに、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、日銀による超低金利施策で低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が多くなっています。

その中でも、「楽天銀行のフラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名称からは特徴がイマイチ伝わりにくいですが通常のローンと比べどういった部分が違うのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が必要ないという面があります。

マイナス面としては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや独自の審査基準になっているので借入できない可能性もあります。

住宅は人生で最も大きい買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですが調べてみると楽天銀行のフラット35とフラット35sという2種類の名称のプランがあります。

いったいこの2種類では何が異なるのでしょうか。

フラット35sは5年間、または10年間の金利優遇が適用されます。

購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

一例としては、省エネルギー性や長期間住むことができることを考えるとメリットは大きいです。

これらの条件を満たしているとフラット35sが適用されます。

また、新築・中古かは関係なく活用できるのでぜひ活用してください。

テレビコマーシャルなどでおなじみの楽天銀行のフラット35ですが、中古住宅でもローンの利用はできるの?という質問を聞きます。

結論から言えば要件次第で利用できます。

その要件の例としては、床面積の広さや購入価格が1億円以下の物件かなどの条件です。

他にも、中古ならではの条件があり、申込日の時点で竣工日から2年以上過ぎている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた物件に対してのローン借り換えを行う場合は中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を購入する際もご活用ください。

参考:楽天銀行フラット35の審査に落ちた?頭金の相場は?【審査通るコツ】